Last up date:12.03.02.
up date:04.02.13.

restor top

■作業事例集B

1.お預かりしたミニカーを点検・破損個所を確認します。
2.分解・オリジナル塗装を写真保存し、剥離します。
3.撮影した写真とオリジナル品・または資料を使い色を再現し塗装。
4..部品洗浄・磨きを入れ、組立・完成です。

BBR1/18フェラーリ458イタリア、右ライトカバー浮きの修理です。

僅かな接着剤で慎重に接着します。

完成。

プルバック都バス。塗装とかではなくタイヤ外れ・紛失のため部品取りパーツから取り付けました。

実車の写真を頂きアイボリー/内装茶への改造ご依頼です。

素材はオートアート1/43銀・内装黒でした。

まずは分解と・・・。

コテで溶かし取ります。

フロント・リアともこのような接合で本体ダイキャスト、フロント・リアマスクは樹脂で組まれていました。

分解し終えたところです。

塗装を終えて・・・。

仮組して不都合を徹底的に洗い出します。

完成ですぅ〜。

パッケージへ戻しお客様のもとへ。
   


エグゾト1/18フェラーリ312T2の左サスペンション外れの修理です。

ロアアームのピンが折れているのでココにピンを盛って取り付けることにします。

まずはメンテしやすいように宙づりに・・・。(ウイング下部を接地させあまり負担のないように)


折れたピンをここへ置いてスプリングに負けない程度の強度で取り付けます。

出来ればホイールや周辺部品を外してやったほうがやりやすいのですが予想通り外れませんのでσ(^−^;)

隙間から数本のピンセットで抑え込みますぅ〜。(手がもう一本欲しいゾ。)



オーナー様の付けた接着剤をなるべく除去して取り去れない部分は同色にて隙間をペイントしました。


装着完了ですぅ。


シュコーのミニカー。車軸ごとリアだけ欠損。これは外れやすい構造です。ホイールが合わないので2台とも4本を手持ちミニカーから外し移植しました。


BBR1/18フェラーリ458イタリア、左ミラー取れの修理です。

65トミカスカイラインシルエット、ウイングのチップ2箇所をタッチアップです。

オートアート1/12ムルシエラゴ、右ドアミラーの取付です。

おっと、輸送中にリアアンダーパネルが外れて届きました。うんむー、カシメピンが出ているのでメーカーさんのカシメ忘れかな?

カシメはムリなので耐ショック性のあるゴム系接着剤で止めました。

お客様の使用された瞬間接着剤をルーターで削り落としながらピン穴を出します。
瞬間接着剤はスライド出来ませんのでプラモ用接着剤を使います。

発送したら今度は左が外れて到着。発砲の内箱が原因でしょうか?クレーム対処しました。

車軸を浮かして展示しましょう。

エグゾト1/18ウインドウの製作取付。オリジナルがダメになってしまいました。あと幌のボタン1つ欠品で作成取付。

最初は原型から型取りを試みました(よりリアルの追求)が断念・・・。ナイロンフィルムに変更。

幌ボタンはハンダを使い加工して取付。小さいので大変でした。

完成ですぅ〜。♪ 心地よい疲れ。
(0^〜^)ノふぅ〜、わっふー

ダイヤペットロイヤルプリンセス。正面右のウインカー製作・取付です。

最初は樹脂で作ってみましたが左の質感と相違するためプラ削りだしで作り直しました。

完成。

エグゾト1/18ウイリアムズFW14Bのリアアッパーアム折れ修復とタバコデカール貼りです。

折れている箇所は3箇所。軸も細いので強度棒を入れられず接着のみで止めていきます。

デカールはお客様にご用意して頂きました。5箇所貼り替えます。
いやー、非常に高価でもありますが良くできていますねー。かっこいい・・・。個人的に欲しくなってしまう1台でした。

タメオ1/43フェラーリF186のウインドウ製作です。

何枚かフリーハンドで試作品を作った後に・・・。

正式の図面を書きます。

ブルークリアを吹いてクセを付けます。

色合いを調整して取付。完成。
レジン完成品テクノ製Alfa Romeo 33/2''STRADATE' 1967のエンブレム外れです。

輸送事故で法人様からのご依頼です。

かなーり接着弱いです。
最近このような事故依頼が増えています。
レジン/ホワイトメタル完成品の発送はケース内にクッション材を本体にキズを付けないよう慎重に押し込んだほうが良いと思います。


シャーシのネジも弱すぎ。
トミカ82ラパンのリペイントです。実車カラーに塗り替えます。

トミカらしさを残すためあまりコテコテに塗りたくらないようにします。
グリルをホワイトに塗装、ホイールは白を他車から引き抜き取付。

ウインドウふち、下部グリルをフラットブラック、リアウインドウは艶ありのブラック。テールランプは同色になるので赤メタでペイントしています。

完成。
1/43レイトンハウス、右ミラーが取れてしまったようです。

取付位置は内側になります。

左右の位置を合わせて完成。
ロム1/43マクラーレンのライトエッジの浮きを修正。

経年変化でエッチングパーツが浮き上がってくるようです。
慎重に接着剤を塗布、強度が弱いので軽く押さえ様子を見ます。

ミニチャンプスキャメルイエローのウイング、剥げてしまった部分の塗装です。

マスキングしてサフェーサーを吹いて・・・

下地が安定するのを待って・・・。
撃沈!( ̄口 ̄;;;;)焦


カバーする面積が狭過ぎたのでやむなく了解を得てオールペンすることに・・・。


なるべくオリジナル部分を残したかったのになあ。(T_T)




腕の未熟さが露呈し、お客様に謝罪。お見積もり額を大幅に下げて納品。


ご迷惑をおかけ致しました。m(_ _)m

失敗をお許し頂ける寛大なお客様にのみボクはチャレンジしたいと思います。
マクラーレンF1LM、リアウインドウの浮きを止め直します。

一枚板なのと接着強度が弱いのでよくある症状です。
ミニチャンプス1/18フェラーリ1996のマルボロデカール貼りとトップコート、ウイング外れです。

持参して頂いたデカールと不足しているマークなどを自作しました。

まずはバーコードを剥がします。
ウイングは別のプラを付け足し溶かして止め、強度を確認。
トップコートはあまりご納得・ご満足頂ける艶が出なくて大変申し訳ございません。。。m(_ _)m

 
トミカ88ミニクーパーのリペイントです。「ミスタービーン仕様」に塗り替えます。
完成。
大盛屋のリペイント/デカール作成です。

塗装の劣化でペラペラ剥がれ落ちます。まずは分解です。

シャシーの赤錆びを落として錆び止め油を塗ります。

完成。

1/18京商コブラ、左リアホイールの折れを修理します。メタリックなので「触りキズ」防止に手袋をして作業開始です。

接着面が不足するためシムを自作。3枚くらい作り直す。

シムを見づらくするするため黒に塗装。
←強度は出たが4輪の接地面に問題発生。シムを斜めに削ったりトレッドを何度か調整。
4輪接地と強度を再確認して納品。
(0^〜^;;;;;)ノふぅ

1/12のムルシエラゴ。大きいです。シャフト部分が折れてホイールごと外れています。

補強用鉄芯を用意します。

差込圧着します。

強度を確認して完成。

1/42アルトラパンのリペイントです。

ご依頼通りホワイトに塗り替えました。

コーギー/バッドモービルのタイヤ切れです。4輪とも切れています。


湿度や経年変化によりスパッとカッターで切られた跡のようになるのが特徴です。

タイヤを慎重に外し接着、接着部を見づらくして再度元に戻します。

赤からダークブラックへリペイント。色が違うと言われ全額返金。

慎重に打ち合わせしたつもりが思わぬ展開に・・・。泣

こういう指示にはもう従いません。(*`θ´*)ブー


マイスト1/18ディアブロ、ホディキズ、ウインドウキズ、右ドアミラー折れ。

リペイントするか判断しづらいキズですが2度目の入庫でしたので、オールペンしました。

発色をよくするため下地最後に白サフェーサー吹き。メタルプライマー使用。

完成。
ミニチャンプス1/43メルセデスベンツ190EエボU、極小ミラー取付。2台やりました。

折れやすいですね。
京商1/18ケンメリ、Fミラー折れ。ピンが折れているので鉄芯を挿入することにしました。(強度を出すため)
直径の合う支軸の棒を用意します。

極小の穴を開け挿入。深さを確認して長さを調整。切り落とし。

接着。

トミカPC200ショベル、外れた部品の取付。

ダイヤペットスカイラインバン。グリルのタッチアップ、メッキ入れ。

ロングトミカのリペイントと「回送プレート」の取付です。資料の写真を参考にします。

カシメを削ります。

レタリングデカールとペイントで再現。ウインドウにグラデーションを入れる。

1/43レジン完成品。センターハブが外れています。

タイヤを引き抜きます。リングの中でカラカラ・・・。
外形のリングを慎重に外して接着。タイヤを元に戻します。

HOME

trao.com minicars All Rights Reserved